2532円 ATOK 2006 for Windows CD-ROM PCソフト ビジネス・オフィス ワープロ ATOK,for,2006,PCソフト , ビジネス・オフィス , ワープロ,/kineplasty1495897.html,2532円,CD-ROM,Windows,visionsupport21.com ATOK 休日 2006 for CD-ROM Windows ATOK,for,2006,PCソフト , ビジネス・オフィス , ワープロ,/kineplasty1495897.html,2532円,CD-ROM,Windows,visionsupport21.com 2532円 ATOK 2006 for Windows CD-ROM PCソフト ビジネス・オフィス ワープロ ATOK 休日 2006 for CD-ROM Windows

ATOK 休日 2006 今だけ限定15%OFFクーポン発行中 for CD-ROM Windows

ATOK 2006 for Windows CD-ROM

2532円

ATOK 2006 for Windows CD-ROM

商品の説明

日本語入力システム。わざわざ単語登録をしなくても、文字を入力し直した手順を学習するので、次回から入力の手間を減らせるようになり、文字入力にかかる負担を軽くすることが可能。また日付入力機能を搭載し、「今日」「明日」から一発で日付に変換することができるほか、「あす」と入力することで「明日 15:00にお伺いします」と変換できるなど、メールで取引先とのアポイントをとるときや、提案書・見積書を発行するときに便利な機能も装備。和暦と西暦の相互変換にも対応。さらに、市町村合併や自治体名称の変更にも対応し、旧名称とともに新名称を収録するほか、国内地名だけではなく、スポーツの祭典開催地のイタリア・ドイツなどの地名も補強している。また、時事用語・トレンド用語のほか、Unicode文字対応の表記記号(一太郎などのUnicodeに対応したアプリケーション上で入力可能)、「話し言葉関東」モードも追加された。また、「明鏡国語辞典・ジーニアス英和/和英辞典 /R.2」同梱の [電子辞典セット]や、2006年2月10日発売の「広辞苑 第五版 for ATOK」と組み合わせて使えば、別なアプリケーションを立ち上げることなく言葉の意味を確認できるので、文章で表現できることの幅が広がる。ほか、謙譲語と尊敬語の混同を指摘したり、先頭の数文字を入力するだけで先回りして使いたい言葉を推測して提示する機能を搭載するほか、Officeとの連携も強化され、Excel関数の入力も電子辞典機能でスムーズに行える。

ATOK 2006 for Windows CD-ROM

DOS時代からいろいろなFEP・IMEを使ってきましたがWindows95以降はMS-IMEでした。これが頭悪くて、学習させたはずの変換順を全然覚えてくれなくて誤変換の嵐。いい加減頭に来たので、ATOK2006の試用版があるというので入れてみました。いや、これは快適。MS-IMEの比じゃない。試用期限が切れる前にぜひ製品版を買おうと思います。
わたしのような駄文しか書けない者にとってATOKとは、神様からの贈り物と言えるようなものなんですね。ATOKを使うようになってからは、日本語の変換ミスが少なくなりました。そんなATOKを数年前から発売されるたびに買うようになりましたが、出費もばかになりません。毎年、たかが数千円の出費で済むのですが、わたしにとっては、されど数千円の出費となります。そこで、ジャストシステムへの提言となるのですが、新しいATOKに搭載される機能は、前バージョンよりも劇的に進化することはありませんから、すでにATOKを所有している人のために「通常版」とは別に、バージョンアップ版の発売をすることも考えてもいいのではないのかと思います。通常版の半値ぐらいの価格を付けてもらったら、個人的にはうれしいのです。少なくともわたしの場合は、ATOKをやめてMS-IMEに戻ろうとは思いませんから、ATOKが必要なんですね。新しいATOKに追加された新機能を体感してみたいし、さらに強化された機能が新しいATOKに搭載されているならば、それを前バージョンと比較してみたいのです。これから先もATOKを買い続けていこうとしている、わたしから見れば、今のATOKは少々高い価格設定ではあります。
初めて辞書ソフトを買いました。今まではWINDOWS 付属のMS−IME2000、及び2003を使っていたのですが、あまりの誤変換の多さにウンザリしていました。文節変換をすると確実におかしな分区切りで誤変換をしていたのですが、ATOK2006に替えてからは文を書いてから一括変換をしてもほぼ日本語として成り立つ文に変換されています。以前は単語を打ち、助詞を確定させ、そして単語を打ち・・・と言った作業をしなければ仕事にならなかったのですが、一括で変換できるようになり、非常に楽になりました。仕事量、ストレスで言うと、50%位減った感じです。ただ、2種類の専門辞書をインストールした事も関係有るのでしょうか、逆に以前のように単語を確定しながら文章を作っていくと前後の文脈に合わない単語変換がなされたりします。ATOKに関しては長文を打ってから一括変換をした方が賢く日本語として変換してくれるように思います。とにかく、一度ATOKを使うと2度とIMEには戻る気にはなれません。変換に関わるストレス、時間を減らす意味でATOKは必須ソフトだと思います。まだATOKを使われた事の無い方は買った方が良いと思います。今までの苦労は何だったんだろうと思えます。
ATOKを初めて使ったのは十何年前.そのときは自分が買う日が来るとは思わなかった.この10年くらいは何となく買った割にフィットしてしまったWXG4.どうにもこうにもバージョンアップしなかったため数年前にMS-IMEに戻った.MS-IMEのどう設定しても全角英数字がいきなり入力されるのはいつまでたっても生理的に受け付けなかった. WXG4の経験で長く生きてくれそうなIMだとATOKしかない.ってことで買いましたよ.でも何これ.初期状態の変換候補いまいちすぎね? しかも「へんかn」とかで変換処理に入って「変化n」とか出てくるのってどうよ? まれに突然かなモードに入るし.全角英数字を入力してしまうことが激減したことだけはうれしいけど正直対処法を習得しないとお金棄てた感じ.購入前に体験版あるの気づかなかったのが敗因か.正直買って存した.

故事、ことわざ、慣用句などの意味や出典などを調べることができる辞書サイトです。
五十音、言葉に用いられている漢字などから言葉を探すことができます。

2021年11月時点の収録数は
7321」です。

検索

更新情報

検索メニュー

当サイトについて

当サイトは故事・ことわざ・慣用句の意味や出典、類語などを調べることができる辞典サイトです。
日常生活においても頻繁に使われる言葉や初めて目にするような難しい言葉まで数多くのことわざを収録しています。