トラトラトラ!,/hum1841230.html,2552円,visionsupport21.com,DVD , 外国映画 , アクション,[DVD] 2552円 トラトラトラ! [DVD] DVD 外国映画 アクション 2552円 トラトラトラ! [DVD] DVD 外国映画 アクション トラトラトラ!,/hum1841230.html,2552円,visionsupport21.com,DVD , 外国映画 , アクション,[DVD] トラトラトラ DVD 通販 トラトラトラ DVD 通販

トラトラトラ DVD 格安店 通販

トラトラトラ! [DVD]

2552円

トラトラトラ! [DVD]

商品の説明

内容紹介

真珠湾攻撃をクライマックスに、
ダイナミックな映像が炸裂する戦争スペクタクル超大作!



キンメル司令長官…マーチン・バルサム
スチムソン陸軍長官…ジョセフ・コットン
ブラットン大佐…E・G・マーシャル
山本五十六海軍中将…山村 総
淵田少佐…田村高廣
南雲中将…東野英治郎
源田少佐…三橋達也

監督:リチャード・フライシャー/舛田利雄/深作欣二
製作:エルモ・ウィリアムス
製作総指揮:ダリル・ F・ザナック
脚本:ラリー・フォレスター/小国英雄/菊島隆三

●字幕翻訳:岡枝慎二


1941年12月未明、真珠湾急襲に出た日本軍。それを探知していながらも防ぐことができなかったアメリカ軍。暗号とともに日米両国は太平洋戦争に突入していく──。


◎1970年度アカデミー賞特殊視覚効果賞受賞
●パール・ハーバーのリアルストーリー! 日米合作オールスター・キャストで描かれたダイナミックな「真珠湾攻撃」の全貌!


●音声解説 (監督 amp; 日本映画評論家)
●オリジナル劇場予告編集
(1.パットン大戦車軍団 2.トラ トラ トラ!3.史上最大の作戦)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

"リチャード・フライシャー監督が手掛けた戦争スペクタクル大作。1941年12月未明、真珠湾急襲に出た日本軍とそれを防げなかったアメリカ軍。暗号“トラ・トラ。トラ”を契機に両国は戦争に突入する。“BEST HITS 50 \1,490”。"

トラトラトラ! [DVD]

現在の視点で考えてもここまで日米が公平に描かれている作品少ないと思います。(当時米国で商業的に成功しなかったのはよく分かる)まして、この作品が作られた当時のことを考えると驚くべきことと言えると思います。米国側が戦争を欲していたというところまでは描かれていませんが、少なくとも米国側は日本側の動きを察知しており、日本側の”奇襲”に対処できなかったのは米国側の不手際が多分にあったことを窺わせます。全く不満がないわけではありませんが、時代とともに明らかになってきた内容(例えばヴェノナ文書など)や、日米の埋めることの出来ない視点の差を考えるとこれ以上の作品は不可能ではないかとも思えます。戦闘シーンはCGにはない迫力があり、最近の映画と比較しても非常にレベルの高い作品に仕上がっています。
私も日本生まれの日本人ですし年も年ですからこう云う自分の国が優位な映画は正直言って胸がスッキリとします。日章旗(軍艦旗も含め)を観るたびにこう胸がジーンと来るのは又何故でしょうか。反面どうしてこんな小国日本が大国アメリカ相手にあの忌まわしい戦争に突入せねばならなかったのかと云う当時の日本のトップの苦しみや戦争か否かのトップとしての責任有る選択もこの映画を通して痛切に理解出来た様な気が致しました。自分がもしその当時生きていて当時のトップだったらどんな決断を余儀なくされたのか・・・。その当時のアメリカ側の日本に対する出方なり交渉方法を色々と自分なりにその時の当事者の身になって考えてみた結果、自分だったら絶対に(戦争を)回避させる事が出来たと云い切れる様な自信等は少しも湧いては来無かった。何故ならば・・・アメリカ側からの日本へのいちゃもんとも言える様な無理難題の数々、そして1回でアメリカ側の云う事に従わない[大国]大人の[小国]子供に対するイジメとも思える行動(連合国側の日本向け石油等生活必需品の全面輸出の禁止・・・等々。)その時あなたが日本のトップ、最高責任者だったらどう言う様な選択、決断をなさるかと云う自問自答だ。大国アメリカのする事では無く全く持ってアン・フェアーだ。日本の・・・まるでアメリカ(当時のルーズベルト大統領)が日本のか細い首を絞め付けてワザと日本に対して戦争をする様に仕掛けている(喧嘩を売っている)様にも見える。自国と戦争中の敵に塩を送った日本の名将、上杉謙信とは大違いだ。1)このまま燃料、食料が尽き果て日本国民が全員餓死するまで頑張り通すか2)このまま今後も大国アメリカのいいなりになって行くか・・・それとも3)一か八かと云う大問題(難題)に対するトップとしてどうしてもせねばならない決断をだ。あなたがもし当時のトップだったらどういう選択をなさったかと云うこの素朴な問いに対するお答えだ。(これを今お読みになっているあなたがその時の最高責任者(トップ)だったとして自分だったらこの他にこういうやり方をしたとか[戦争]回避出来た、・・と云う他の良いアイデアなりお知恵なりお考えが有ったら是非参考の為にこの私にアドバイス、ご意見等頂きたい。)何故ならば今更何をと仰る方もいるかと思うがこの私も日本人の男としての平均寿命から見れば未だ未だ後20年位は頑張れるかな?と思ったからだ。(笑)そのあなたのお考え方をその時までの自分の残された人生の思考の一つの糧にしたいと思っているからだ。驚いた事に現にアメリカ側からは絶対に最初に手は出さず先ずは先に日本に手を出させる(戦争を仕掛けさせる)様にとの米国トップから配下への指示もチャンと当時の記録に残っているのだ。これは何故かと云うと当時の大統領(ルーズベルト)の知的戦略で有って彼が良くアメリカ国民の感情を捉えており日本に対し敵対心(自国が日本に何もしていないのに日本から不意打ち攻撃された)を煽り戦闘意識(国民からの暗黙の戦争の許可を取る事)を大いに持たせ且つ日本を敵国とみなし日本と開戦をする為の大義名分を得る為だったとも言われている。結果的に彼の思惑通りかの有名な言葉、”リメンバー・パールハーバー”(パールハーバーを忘れるな!)を合言葉にアメリカ国民全員の”心の一致団結化に成功”し連合国の戦勝の原動力となったので有る。しかし戦後も大分後になってから初めて明かされた事実は実際には日本からではなくアメリカ側から先に日本は攻撃を受けていたのだ。パール・ハーバーの奇襲前に真珠湾に入り込もうとした日本の潜水艦を発見しアメリカ側は敵(日本の)潜水艦として先制攻撃、撃沈をしていたのだ。 (現在の米国もこの事実を今日に至って認めていればこそこの事実をこの作品で公開した[認めた]のだと思う。)結局の所当時の日本の指導者(戦争責任者)の方々には「あなた方の生まれて来た時期が悪かった(運命)のだ」と言って癒し慰めてやるしかこの我々には何もしてやり様が無いのだ。人間が人間を裁く(東京裁判の事)しかも戦勝国の人間が敗戦国の人間を裁くと云う傍から見れば不思議又且つ滑稽なこの裁判に大いなる疑問と云うものを感じざるを得ない。又人が人を裁く以上この世には冤罪と云うものが数多く存在する。戦後数十年経った今、こうした新事実が明るみに出て来た以上それから逃げる事無く目を瞑る事無く過去における我々先輩(戦争責任者)達に対する間違った評価、汚辱、侮辱や誤った歴史観の見直しや正し即ち戦争犠牲者達への”名誉の回復”等を我々子孫が勇気を持って計らねばならない時が必ずや近い将来来るであろうとつくづくそう思って止まない。そしてその反面自分が生まれて育って来た今の時代(戦後)に感謝せねばならないとつくづく感じた次第だ。そしてこの戦争で自分の祖国の為に犠牲になった方達(老いも若きも)の御霊の上に今日の我々が存在するのだと。この事実は当の日本人は勿論の事誰もが反論する事が出来ない歴史的真実で有る。この尊い先輩達の犠牲を無駄にする事がなき様これから我々も日本国発展(延いては自分の家族、延いては自分)の為に頑張って行くんだと常々そう想い、日々そう心掛けている次第で有る。
BSで見て、購入を決定現代の、CGと違いほとんど実写(日本の連合艦隊は特撮)戦闘機、艦爆機、よくぞここまで製作費を出したなと思う、ほど すごい! 実写の迫力を今さら実感。現代のCGは、ほら見ろと言わんばかりの圧が有り、違和感が大きかった作品が多く 久しぶりに映画を見た気がした。配役も艦隊司令に、初代『水戸黄門』すみませんお名前が出てきません。私の年齢も想像できますネ。このBRには寅さんも、出てきます。懐かしい顔ぶれに感動他の方の、レビューでこれは日本向けと知りました。買って正解でした。
幼少の頃、父に連れられて見に行った記憶があります。日本映画だと思っていました。再度この年になってこの映画を見たときすべてのシーンと台詞の一つひとつに意味があることに気付きました。この映画の、史実を正確にあぶりだそうとする姿勢と映像製作と出演者の演技のすばらしさすなわち映画製作スタッフの熱意と質の高さは比類無いものです。いまだ奇襲攻撃の是非で(日本の大使館の怠慢だったとか、日本の外務省が意図的に電報を遅らせたからだとか、アメリカの罠だったなど)言っている人がいます。そもそも戦争はすべて奇襲で始まるわけで、日本からの最後通牒が遅れたことはその後、アメリカのプロパガンダに、徹底的に利用された事実を冷徹に自覚べきです。奇襲(先制攻撃)はいかに実行されるか。いかにすれば奇襲(先制攻撃)を受けないか。この映画は考えさせてくれます。いまの日本に必要な映画ではないでしょうか。
Video file
Heading (Hero Intro Copy)
Thinking in Generations. Acting Every Day.

未来を見据えて

マースの事業が2世紀目に突入した現在と来るべき未来に向けて、消費者、アソシエイト、地球に利益をもたらすために成長し、適応し、変化するための揺るぎない革新を継続して行います。

マースについて

次世代のためのイノベーション

マースには、次世代のために責任を担い続けてきた歴史があります。そのため、過去の学びを積極的に利用して、より良い未来に向かって前進しています。