2392円,DVD , 外国映画 , ドラマ,visionsupport21.com,[DVD],ジョニーは戦場へ行った,/guerrillaism1841201.html 2392円 ジョニーは戦場へ行った [DVD] DVD 外国映画 ドラマ 2392円,DVD , 外国映画 , ドラマ,visionsupport21.com,[DVD],ジョニーは戦場へ行った,/guerrillaism1841201.html 2392円 ジョニーは戦場へ行った [DVD] DVD 外国映画 ドラマ ジョニーは戦場へ行った 即納最大半額 DVD ジョニーは戦場へ行った 即納最大半額 DVD

ジョニーは戦場へ行った 即納最大半額 新色追加 DVD

ジョニーは戦場へ行った [DVD]

2392円

ジョニーは戦場へ行った [DVD]

商品の説明

Amazonレビュー

   ガールフレンドとの甘い思い出を胸に、戦地へと赴いた青年ジョニー(ティモシー・ボトムズ)だが、敵の攻撃により目と耳、両手両足を失ってしまう。移送された病院で自らの境遇を理解したジョニーは、絶望のどん底から、少しずつ生きる希望を見いだしていく。
   監督は、ハリウッドに吹き荒れた“赤狩り”の犠牲となり1949年に投獄された経験を持つダルトン・トランボ。出所後、「ローマの休日」(原作ともども偽名で執筆したが、製作50周年記念バージョンには、トランボの名前が正式にクレジットされた)「スパルタカス」「いそしぎ」などの脚本を書きつつ、齢65歳にして監督デヴューを果たした作品が「ジョニーは戦場へ行った」だ。そのアウトラインを耳にすると、グロテスクな印象を持たれがちな作品だが、モノクロームの画面を飾るのは、さながら詩のような生命への賛歌である。人間として生き、人間として死ぬ。そのことを許されない境遇に陥ったジョニーという名の平凡な青年が回想する美しい記憶と、衝撃的な現実が静かに、されど力強く描かれ、見る者の心にナイフを突きつける。(斉藤守彦)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

戦争により重傷を負い、極限状態に陥った人間を主人公に静かに反戦を訴える戦争ドラマ。第一次大戦中の戦場で、ジョニーは両手と両足、そして顔に重傷を負う。動くことも他人との意思疎通も出来ない彼は、その中で出兵前のことを回想し始める…。

ジョニーは戦場へ行った [DVD]

台詞ひとつひとつが美しい心に残る最強に鬱になる映画です。看護師さん可愛い。
これ、めちゃ歌になるけど好き↑すみません誤字です↓これが本当これ、めちゃ鬱になるけど好き
観終わった瞬間からのもどかしいまでのやりきれなさと恐怖に襲われる映画である。戦争の現実を視覚も四肢もなくした「雄弁な」若き兵士の声が憎しみと悔しさと悲しさをない交ぜにして尚計り知れない暗黒の恐ろしさを語る。映画ならではの名作である。
戦争で負傷し、腕脚目耳を失った男。戦争と学者の判断によってほぼ完全に人間としての生や存在価値を奪われた男の話です。回想・夢にはカラーをつけ、現実の場面は白黒で、という撮り方の対比がそのまま主人公の命や心の在り様を表しているみたいでまずその映像からずしりと観る者の目に訴えてきます。まず話すことも動くこともできない男を主人公にしてよくここまでの話を描けたなと感嘆!その無惨な運命、周囲から見れば魂があるとは思えないただの肉塊、その中で献身的に世話をする看護婦の姿だけがこの映画に唯一存在する美ですね。彼をそんな無惨な姿にした学者や軍人達の冷酷なまでの対応・・・それが「実話ではないのか??」と思えるほどのリアリティで描かれています。夢や回想の中での彼が、例え一見美しい世界にいるようでも、牢獄に閉じ込められているような息苦しさを観ていて感じてしまいます。ラストは怖ろしいまでの衝撃。暗澹たる静けさで演出されてますが、主人公の声なき叫びに胸が詰まるどころか潰れるような気持ちになります。。戦争の悲劇よりもさらに重く残酷な人間の非情。或いはそれこそが戦争を生んでいるのではないかという暗示にも思えますね。とにかくこれは一度は観るべき映画だと思います。
ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

新着記事

Jタウン研究所

地元の話題

Jタウンチャンネル

Sponsored contents 共同通信PRワイヤー

PAGETOP