visionsupport21.com,/eyesore1919721.html,Fusion,通常版,PDF,2679円,PCソフト , ビジネス・オフィス , PDF 2679円 PDF Fusion 通常版 PCソフト ビジネス・オフィス PDF 2679円 PDF Fusion 通常版 PCソフト ビジネス・オフィス PDF PDF Fusion 通常版 開店祝い visionsupport21.com,/eyesore1919721.html,Fusion,通常版,PDF,2679円,PCソフト , ビジネス・オフィス , PDF PDF Fusion 通常版 開店祝い

買取 PDF Fusion 通常版 開店祝い

PDF Fusion 通常版

2679円

PDF Fusion 通常版

商品の説明

専用アプリケーションがなくてもファイル表示amp;PDF作成可能なソフト。ファイルの表示、PDFへの変換、編集、保護が簡単な操作で行える。また、PDFだけでなくWordやExcel、PowerPoint、Illustrator、Photoshopで使用されるファイルの閲覧にも対応しているほか、対応するアプリケーションがないPCでも閲覧、PDF作成が可能。さらに、アセンブリ編集機能により、異なるファイル間でのページ移動、入れ替えが可能で、複数のファイルから、効率良くPDF文書を作成できる。

PDF Fusion 通常版

PDF、XPS、Office関連ファイルなど自分が普段使っているものしか開いていませんが、純正のソフトよりも快適にファイルを閲覧できます。純正ソフトでストレスを感じるなら試してみる価値があると思います。編集機能も充実していて、複数のファイルからページ単位で、しかもドラッグamp;ドロップで直感的に編集できるので作業時間の大幅な短縮が見込めます。コストパフォーマンス・使い勝手ともに両立した秀逸といるソフトだと思います。x86版とx64版インストーラーが付属しているので、32/64bit両方のOSで真価を発揮できるようになっています。インストーラーは自動検出で最適な方が起動するようなので、わざわざ自分でディスク開く必要はありませんでした。【動作環境】OS:Windows Vista Ultimate SP2 x64CPU:Core i7 950GPU:GeForce GTX 580Memory:DDR3-1066 4GB x3枚
普段「Adobe Acrobat」を使っているので比較してみました。この「Corel PDF Fusion」の売りとなる機能としてはページ編集でしょう。とても見やすく出来ています。アセンブリ機能とよんでいるようですがページ単位でドラック&ドロップで移動が直感的に行えます。勿論「Acrobat」でも可能ですが見やすさではこちらが優れていると感じます。一通りPDFの編集に必要な機能は備わっているようです。コストパフォーマンスでは「Acrobat」より優れていますのでPDF編集用にソフトを探しているなら「Corel PDF Fusion」も選択肢に加えてもいいでしょう。
当方の環境(WindowsXP Pro/Core2QuadQ9650/メモリ4GB)では、動作に、かなりのもっさり感があります。自分のPCが数世代前だからかも知れませんが、Exel2003で作成したファイルを開くのに、100KB程度の軽めのファイルで約4秒、2MBの大きなファイルで約6秒掛かります。また、officeをインストールしていない環境で使用したところ、文字化けが発生しました。MSPゴシックですから、一般的なフォント使用だとは思うのですが、「ネへん」が、「示へん」となるなど、幾つかの漢字が旧字体となってしまいます。会社の社が「ネ土」ではなく「示土」と表示されました。officeをインストールすることで、文字化けは無くなりました。動作は重いですが、Word/Excel/PowerPointなどオフィス系のほか、Photoshopなども閲覧できるので、1本あると便利ですね。
国際関係の文書を作成していると、「作成文書は、英数半角以外の文字が含まれて居ない」ことが要求されます。最終的には、PDFファイルにするのですが、それの前段でDOCファイルを作ります。そのDOCファイルには、Excelファイル・Visioファイル・BMPファイル・その他・等々が貼り付けて有ります。この(PDFファイル化する直前の)DOCファイルに於いて、「文字カウント」を行なって、例えば、全角文字や半角カタカナなどの文字数を調べますが、これで、「例えば、全角文字や半角カタカナの文字数=0」を示しても、残念ながら、必ずしも、「全角文字や半角カタカナの文字数が0」では無いのです。本当は、DOCファイルにおいて、貼り付けたExcelファイル・Visioファイル・PPTファイル・等々(イメージファイルでは無いもの!)も(全て含めて)、このDOCファイル中の英数半角は以外の文字を、(例えば)赤色などで明瞭に示すユーティリティが有れば理想的なのですが、世の中には(全く)無いのです。仕方なく、DOCファイルをPDFファイル化し、例えば、Adobe AcrobatでPDFを開き、「ファイル」−>「文書のプロパティ」−>「フォント」で見て、英数半角以外の文字が(文書に)含まれて居るか否かを判別します(但し、例え、含まれていても、何処の箇所に含まれているかは判りませんが・・・)。と云う事で、このような特殊な仕事をしている人々に取っては、「文書のプロパティ」は非常に重要な機能なのです。ですが、Corel PDF Fusionには、困った事に、この機能が無いのです。そう云う訳で、Corel PDF Fusionは悪くは無いと思いますが、「文書のプロパティ」の機能が無いのは大欠点です。註:上記は(Amazon.co.jpで購入した)英語版での話ですが、日本語版でも(多分)同じと思います。

NEW POST