1645円 クヒオ大佐 [DVD] DVD 日本映画 ドラマ 1645円 クヒオ大佐 [DVD] DVD 日本映画 ドラマ 1645円,DVD , 日本映画 , ドラマ,/eloquence1879640.html,[DVD],クヒオ大佐,visionsupport21.com クヒオ大佐 新作製品、世界最高品質人気! DVD クヒオ大佐 新作製品、世界最高品質人気! DVD 1645円,DVD , 日本映画 , ドラマ,/eloquence1879640.html,[DVD],クヒオ大佐,visionsupport21.com

クヒオ大佐 新作製品 日本産 世界最高品質人気 DVD

クヒオ大佐 [DVD]

1645円

クヒオ大佐 [DVD]

商品の説明

内容紹介


米軍特殊部隊ジェットパイロットにして、父はカメハメハ大王の末裔、
母はエリザベス女王の妹の夫のいとこ。
白馬の王子かはたまたサギ師か?この恋、信じるも信じないも貴女次第


【ストーリー】
ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐(堺雅人)は流暢な日本語で戦場での武勇伝を語り、次から次へと女性を騙す、稀代の結婚詐欺師である。
その日のターゲットは、博物館のエリート学芸員浅岡春(25)(満島ひかり)。
クヒオは、子供たちを引率する彼女に「あなた、子供嫌いでしょう」とだけ声をかけて去っていく。意味もなく言われて言葉を失う春。
その後クヒオは、彼を捜しにきた永野しのぶ(38) (松雪泰子)と宿泊先に戻る。彼女は、すでにクヒオに夢中。
「入籍すれば、米軍から5千万円」「英国のダイアナ妃のドレスを手がけたデザイナーにウエディングドレスを発注する」といった言葉にうっとりし、
社交界へのデビューに備え、英会話のレッスンにも励んでいる。
翌日クヒオは、再び春の職場を訪ねて経歴をアピール。そんなクヒオに春は興味を持ち始める。
しかし、クヒオが新たなターゲットに選んだのは春だけではなかった。
銀座で働くNo.1ホステス須藤未知子(33)(中村優子)に目をつけ、投資話を持ちかける。
まさにあの手この手。しのぶや春が、彼の要求に応えようとする一方で、未知子だけは彼を逆に欺こうとする。
やがてほころび始めるクヒオの嘘。次第に膨らんでいく女たちの疑念。
果たして、クヒオは!? そして、女たちは!?
そこに、本当の愛は存在しなかったのだろうか!? 夢の中でしか生きられなかった男と女に未来はあるのだろうか?!

【特典映像】
●メイキングオブクヒオ大佐~こうやって映画ってできるのね~
●堺雅人決死の?!LA弾丸ロケ
●キャストインタビュー集(堺雅人、松雪泰子、満島ひかり、中村優子、安藤サクラ、児嶋一哉、新井浩文、内野聖陽)
●初日舞台挨拶ウォッチング
●吉田大八監督ぶっちゃけインタビュー
●原作『クヒオ大佐』著者吉田和正さんインタビュー
●おまけ(特報、予告編、TVスポット)


【キャスト】
堺雅人(ジェネラル・ルージュの凱旋」「南極料理人」)
松雪泰子(「沈まぬ太陽」)
満島ひかり(「愛のむきだし」)
中村優子(「血と骨」)
内野聖陽(「ゴンゾウ」「JIN-仁」)
新井浩文
児嶋一哉
安藤サクラ

【スタッフ】
監督 吉田大八(「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」)
製作 柿本秀二
原作 吉田和正
脚本 吉田大八、香川まさひと
撮影 阿藤正一
美術 原田恭明
音楽 近藤達郎

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八監督が、堺雅人主演で手掛けた実話に基づいたラブコメディ。カメハメハ大王の末裔の米軍パイロット、ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐と名乗り、女性たちから大金を騙し取った結婚詐欺師の顛末を描く。

クヒオ大佐 [DVD]

堺雅人の演技が面白い。終始笑ってしまう。全く期待せずに見たが、最後までクスクスと、時に心にチクっと刺さる思いがあって楽しめた。設定は脚色されているにしてもあまりにもバカバカしいゆえに俳優の演技が下手だったら成り立たなかったんじゃないだろうか。松雪泰子も新井浩文も実に好演。特に満島ひかりの終始めんどくさい、人を信じられない目つきとそれでも人に愛されたいと奥底で思っている感じがぴったりで見事。「なんで私だったの!」というセリフと海のシーンは心に響いた。特にラストシーンの脚色は秀逸で、クヒオの頭の中を実に豪華にバカバカしくも彼の頭の中をリアルに演出、そしてフィナーレに導いてくれた。「騙そうという気はなかった。相手が望むことをしただけだ」これは世の中の結婚詐欺師の心の真実なのかもしれない。金銭が絡めば詐欺師が立証されるが、果たして金銭がなかった場合、彼の行った詐欺と本当の愛の境界線はどこなんだろう。
あまりのバカバカしさに途中で見るのを辞めようかとも思ったけど、5日かけてなんとか完走。見どころはラスト20分。己が受けた幼少時の虐待により、嘘をつくことで無意識のうちに自己防衛の癖がついてしまったのか、スラスラと次から次へとリアルタイムで記憶を改ざんする姿は、悲しい、の一言。それを承知のうえで彼を愛した弁当屋の女社長の姿も輪をかけて悲しみを誘う。そして金もないのになぜ自分が愛されたのかを問い詰めようとする博物館の女従業員の姿も、物凄く真剣なだけに、哀れでしょうがなかった。なんというか、一貫性がなく、方向性も曖昧のうちにラストを迎え、気が付いたら前半のくだらなさをなんとか取り返したかな、といった感じ。堺雅人の演技はなかなかよかったので、彼のファンなら見て損はしないと思う。
女性を欺き、一生懸命に働いたお金を騙し取り失意のどん底に突き落とすなんて、余りにも酷い悪行で、被害女性が可哀想で堪りませんでした。堺雅人さんが演じてるのが、滑稽でスマートな印象がせめてもの救いです。ストーリーとは関係ないのですが、ホステス役の中村優子さんの演技がとても印象的でした。
実話ナックルズに記事が載っていたので気になって観ましたが、いつの世も騙されて利用されるのはオンナの方なのかと思うと切なくて哀しくてやり切れなく…自分自身がそうゆうニンゲンでない事(そうならない様に)に救われましたが被害者の心情を思うにとても赦される話しではないと実利を伴わない余計な正義感が芽生えてお門違いな解釈がグルグルし過ぎました。あっと言う間に終わるドラマサイズな軽さと役者の自然でホンマにおるであろう高演技は、評価に値します。ただ個人的には得る物が少なかったです。
Copyright © 一般社団法人日本理学療法学会連合 All Right Reserved.