配送員設置送料無料 アンツィオ大作戦 DVD アンツィオ大作戦,visionsupport21.com,1803円,[DVD],/daffle1841219.html,DVD , 外国映画 , アクション 配送員設置送料無料 アンツィオ大作戦 DVD アンツィオ大作戦,visionsupport21.com,1803円,[DVD],/daffle1841219.html,DVD , 外国映画 , アクション 1803円 アンツィオ大作戦 [DVD] DVD 外国映画 アクション 1803円 アンツィオ大作戦 [DVD] DVD 外国映画 アクション

男女兼用 配送員設置送料無料 アンツィオ大作戦 DVD

アンツィオ大作戦 [DVD]

1803円

アンツィオ大作戦 [DVD]

商品の説明

Amazonレビュー

   第二次世界大戦下の1944年、連合軍はイタリア半島のアンツィオ海岸にドイツ軍の抵抗もないまま上陸した。しかし、同行した通信員エニス(ロバート・ミッチャム)が今や敵の兵力が皆無に等しいことを調査したにも関わらず、司令官(アーサー・ケネディ)ら軍の上層部は慎重策しかとろうとしない。そのうち、兵力を再集結させたドイツ軍によって連合軍は壊滅状態となり、エニスやラビノフ伍長(ピーター・フォーク)ら七人だけが取り残された…。
   社会派エドワード・ドミトリク監督が手堅く描いたコンバット映画の佳作。主眼となるのは七人の兵士たちの戦闘サバイバルであり、スケール感には乏しいものの実に小粋なタッチでドラマは進んでいく。中でも、抜け目ない伍長を演じるピーター・フォークが儲け役。(的田也寸志)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

1944年第二次世界大戦の戦運を決定づけたアンツィオ大作戦を描いた戦争スペクタクル巨編。米英連合軍はイタリアのアンツィオに上陸したが、ドイツ軍の姿は見えない。上陸作戦は成功したかに思えたが…。R・ミッチャム、P・フォークの豪華共演で贈る。

アンツィオ大作戦 [DVD]

『ガルパン』の「これが本当のアンツィオ戦です!」に触発されて、本作を購入。とりあえず面白く観ましたし、戦争の無情さも一応描かれていましたが、伏線の回収が雑で、リアリティーに欠ける部分も多かったかと。(彼らを匿った3人の家族は結局どうなったのか?)また、裏ジャケには「残ったのはわずか7名だった」とありますが、エニスを入れると8名のはず。(何回か巻き戻してチェックしましたが(笑)、数え直すと8名ですね。)エニスは従軍記者だからカウントしないということなのでしょうが、けっこうミスリーディング(「七人の侍」とはいかなかった訳で)。ちなみに、ラストのところで、解任されたルーカス将軍が自らの墓碑銘として読み上げたチャーチルの言葉は「I had hoped we were hurling a wildcat onto the shore, but all we got was a stranded whale.」というもの。これについて、映画の字幕では「海岸に放った山猫が鯨の死骸に変わっていた」という訳が当てられていますが、Wiki(項目名=アンツィオの戦い)でみると「私は岸に山猫を放つことを望んでいたのだが、我々が手に入れたのは岸に打ち上げられたクジラか」とされています。どっちもどっちですが、一応後者の方が正確だと思いました。(字幕は訳し過ぎており、ぱっと見、意味不明。)
古い映画なので、最近のリアル指向の戦争映画(プライベート・ライアンやバンド・オブ・ブラザース)と比較してはいけません。ドイツ軍戦車はM24チャーフイーを鼠色に塗っただけです。主人公が従軍カメラマンなのに、なぜか歴戦の軍曹・伍長より強かったり、「人はなぜ戦争をやめないのか?」という大層なテーマを考えた挙句に斜め上の結論に到達するなど全体的にチグハグな出来になって損をしています。1)序盤で「漁民に偽装して敵地に潜入」という状況が有るのですが、緊張感の盛り上げ方が上手です。ここは後に「ホットショット2!」でパロディーにされています。2)米軍の遅れによってドイツ軍が陣地構築する時間が出来て、イタリア人住民を強制動員して夜間工事する場面が「このまま放って置くと大変な損害が出る」という緊張感を盛り上げます。3)「敵に追われた少数の米兵が民家に逃げ込んだところにドイツ軍部隊が来て、見つかりそうになる」というのも、戦争映画の定番パターンです。この作品のイタリア人母娘がどうなったか全く描かれないのは片手落ちです。4)ピーター・フォークが「腹に砲弾の金属片が残っていて、動くと傷む」という設定も特徴的で、「ホットショット!」でベンソン提督がパロディーにしました。5)最後のほうで、ドイツ軍の狙撃兵との戦闘で「一発撃ったら自分の位置がバレるから、即座に移動する」という戦いの描写があります。これは「戦争映画で有りそうで無かった、こだわりの描写」です。最近では攻殻機動隊SAC 2nd GIGの草薙素子とサイトーの出会いの場面で描かれました。
 深夜やお昼の地上波で度々観ていましたが…まあ、壮大な戦争スペクタクルや痛快アクションを期待して観たらアテが外れることは確かですが…。戦争映画と言うよりは「戦争がテーマのドラマ」として観た方がいいと思います。 しかし、派手な人死にや虐殺、悲惨陰惨な戦闘・流血シーンがあるわけでもなく、主人公のR・ミッチャム演じる従軍記者のエニスの「人はなぜ戦争をするのか?」との一個人としての疑問がテーマなので…スケールもあまり大きくはなく…。だからと言ってありきたりの「戦争の悲惨さ、愚かさを訴える反戦映画」でもなく…!なかなか一筋縄ではいかない作品ですね。確かにB級戦争アクションかもしれませんが、私はこの作品が好きです。 印象に残るのが冒頭に流れるリズ・オルトラーニの主題歌。これがカンツォーネ・オペラ・バラード・更にマーチ…まるで万華鏡のように幾つもの表情を持っています。あまり戦争映画らしくない…と言えば確かにそうで…。しかしこの主題歌がこの作品の全体を明るいものにしていると思います。 作戦の舞台となったアンツィオと言う場所自体が帝政ローマと悪名高き皇帝ネロに因縁のある場所で、他にもローマの古代遺跡が度々象徴的に登場するこの作品、歴史好きにはたまらないのでは? 従軍記者エニスが「この戦いで出した疑問に対する答え」これには賛否両論あると思いますが…ココでは割愛します。皆さんはどうでしょうか? そしてあのテーマソングのBGMが流れ,テヴェレ川の聖天使城へと向かう象徴的なラストシーン…このシーンには「これからの人類のたどる道は…きっとエニスの言うとおり、過ちを認めて未来はきっと希望に満ちているであろう…」というメッセージを感じるのですが…?少なくともこの作品が作られた時点では制作側も見る側もそう信じて疑わなかったと思います。 しかし21世紀になった今は…?人を殺害しておいて、でも自分が死ぬのは絶対イヤ!…などと言う身勝手な連中が、死ぬ必然性など持たぬ相手を得手勝手なな理屈で殺す時代…!「何事も経験だから人を殺した」とか「何で人を殺してはいけないんだ?」「誰でもいいから殺したかった」等々…戦場でもないのに理性を捨て切った連中がやりたい放題…!敗戦後60年以上も戦争をせず、法治国家である筈の日本さえもあまりにも情けなくてお寒い状況…!エニスの出した答えが実は正解だったのか…?と、思ったりもする今日この頃です…。 それと先日亡くなられた「刑事コロンボ」のピーター・フォーク氏が脇役で好演しています。(合掌)
60年代の戦争映画はアクション映画色が濃く、「史上最大の作戦」なんかはむしろ珍しく、「バルジ大作戦」「ナバロンの要塞」等、史実とは若干違うがアクション(戦闘)場面で盛り上げるという描き方が一般的でした。そのなかで「アンツィオ大作戦」はモンテカッシーノの戦いで苦戦をしていた連合軍がドイツ軍の不意をついてよりローマの近くに上陸を展開した作戦を従軍記者の視点で描かれていて、この時代らしくカッコよくアメリカ軍が描かれてはいるが、地中海方面司令官ケッセルリング元帥やマッケンゼン将軍、「アンツィオアーニー」と恐れられたドイツ軍列車砲の逸話など、なかなか史実にも忠実なところもある。しかしながら最後はロバート・ミッチャムの良いとこ取りなので、「プライベートライアン」の世代には若干消化不良だろうが、わが青春時代を思い出すのには絶好の1枚と言えるだろう。あとは「テレマークの要塞」でしょうか。
3

メンバーサイトへようこそ

20 年以上にわたり、サイバーリンク は創造的な動画・写真編集と、メディア再生のソリューションを全てのスキルレベルのユーザーへ提供し、
マルチメディア分野をリードしてきました。近年ではビジネスコミュニケーション向けサービスの提供を開始。
これまでも、そしてこれからも皆さまのCREATE・PLAY・CONNECTに価値ある製品・サービスを提供していきます。