大人は判ってくれない/あこがれ,3157円,visionsupport21.com,DVD , 外国映画 , ドラマ,Blu-ray,/arthrocleisis1919670.html 3157円 大人は判ってくれない/あこがれ Blu-ray DVD 外国映画 ドラマ 大人は判ってくれない 定価 あこがれ Blu-ray 3157円 大人は判ってくれない/あこがれ Blu-ray DVD 外国映画 ドラマ 大人は判ってくれない/あこがれ,3157円,visionsupport21.com,DVD , 外国映画 , ドラマ,Blu-ray,/arthrocleisis1919670.html 大人は判ってくれない 定価 あこがれ Blu-ray

大人は判ってくれない オリジナル 定価 あこがれ Blu-ray

大人は判ってくれない/あこがれ Blu-ray

3157円

大人は判ってくれない/あこがれ Blu-ray

商品の説明

内容紹介

●2014年10月21日はフランソワ・トリュフォー監督没後30年。
●2014年10月11日より東京・有楽町にてトリュフォー映画祭開催決定。
●代表作3作品を美麗HDマスターにて初Blu-ray化!

〈女と子供と書物の作家〉トリュフォーの原点!
カンヌ国際映画祭監督賞受賞の長編デビュー作とそれに先立つ短編を1枚に収録!

「大人は判ってくれない」:両親の愛を知らずに育った12歳のアントワーヌ・ドワネル少年は、家庭でも学校でも自分の居場所を見つけることができない。
彼の行動は常に周囲と行き違い、遂には鑑別所に送られてしまう…。
トリュフォーの自伝的要素の強い長編デビュー作。

「あこがれ」:南仏の田舎町に住む少年たちは、年上の美しいお姉さんベルナデットに憧れ、彼女とその恋人をはやしたてる…。
「大人は判ってくれない」に先駆けて、みずみずしい感覚で少年たちを描いたトリュフォー初期の短編。

【キャスト】
ジャン=ピエール・レオ パトリック・オーフェイ アルベール・レミー クレール・モーリエ(「大人は判ってくれない)
ベルナデット・ラフォン ジェラール・ブラン(「あこがれ」)

【スタッフ】
監督:フランソワ・トリュフォー、脚本・台詞:フランソワトリュフォー/マルセル・ムーシー、撮影:アンリ・ドカ、音楽:ジャン・コンスタンタン(「大人はわかってくれない」)
監督・脚本:トリュフォー、原作:モーリス・ポンス、撮影:ジャン・マリージュ、音楽:モーリス・ル・ルー(「あこがれ」)

【特典】
1セルジュ・トゥビアナ(元「カイエ・デュ・シネマ」編集長)の2作品解説(4分+1分)
2出演者スクリーン・テスト(6分)
3カンヌ国際映画祭でのレオ少年(6分)
4トリュフォーの肖像(25分)
5オリジナル予告編(4分)
6R・ラシュネー(ルネのモデル)によるオーディオコメンタリー(「大人は…」)
7C・ジブレー(助監督)によるオーディオ・コメンタリー(「あこがれ」)

内容(「Oricon」データベースより)

フランスを代表する映画監督、フランソワ・トリュフォーが残した珠玉のラブストーリー。両親の愛を知らない少年の悲しみと不安を描いた「大人は判ってくれない」と、大人の女性に憧れる少年達と彼女の悲しい恋のゆくえを描いた「あこがれ」の2作品を収録。

大人は判ってくれない/あこがれ Blu-ray

レンタル落ちとのことでしたが、DVDの盤、ケースの写真共にとても綺麗で画像の乱れなどもなく、とても気持ち良く受取りました。ありがとうございました。
このBDは「大人は判ってくれない」とこの作品の前に撮られて同じ感覚で観ることのできる「あこがれ」のカップリング。70年以降のトリュフォーの作品を観るといつもこれじゃない感でいっぱいになってしまうが、それは「大人は判ってくれない」の衝撃が大きすぎたからかもしれない。60年代のトリュフォーの作品はこの作品のテイストが残っているからと思うのは私だけだろうか。それだけ、この作品は素晴らしいといって良いと思う。「大人は判ってくれない」ヌーヴェル・ヴァーグの代表作でフランス映画で観るべき作品にあげるならベスト10に必ず入る作品だろう。原題は「Les 400 coups」(直訳は「400の打撃」)。これは「自堕落に生きる(Les faire quatre cents coups)」というフランスの常套句からとられており「自堕落」を意味するようだが、これを主人公の視点から「大人は判ってくれない」と題したセンスは素晴らしいと思う(主人公のアントワーヌの味わう家庭と学校での疎外感を上手く表している)。躍動感のある子供たちの動きやどこを切り取っても絵になるシーン作りはカップリングされている「あこがれ」以上の魅力がある。撮影のアンリ・ドカが生み出すモノクロの美しさも感動ものだ。「あこがれ」17分の短編作。オープニングから自転車にのる美しい女性を追うように映したあとにポンデュガールの水道橋が現れ、続いて彼女を追う少年たちにカメラが移る。自転車の女性、少年たちの躍動感が素晴らしい。まるでサイレント映画を観ているような展開だが、円型競技場や自転車でのデートシーン、駅での別れのシーンは美しい絵をみるよう。少年たちの大人の女性への「あこがれ」と嫉妬を見事に表現した作品。
【大人は判ってくれない】(1959年、白黒)反抗的というよりは・・・ムリヤリ「列」に並ばされたりするのが苦手なタイプだった・・・そんなアントワーヌの「転落」は、ほんのちょっとした「失敗」から始まります。学校をサボったことへの、ウソの言い訳が元となり・・・文字にしてしまうと何とも物々しい・・・「家出」と「窃盗」により、両親は厄介払いするように彼を少年鑑別所へと送り込んでしまう。「海の近くだといいんですが・・・」母親はまるで臨海学校かなにかのような言い方をします。そんな少年の物語ですが・・・「普遍的」な話にしたかった、というトリュフォーの意図はみごとに成功し、(リヴェットの評論にあるように)鑑賞者をそれぞれの子供時代へと誘うほどの映画となりました。オーディションで出会ったレオーの力も、もちろんトリュフォー自身が言うようにとても大きいと思います。でも、この映画が「悲惨」なだけのものとはならないで・・・それどころか映画を観る喜びを、存分にもたらしてくれる作品にしあがったのは・・・トリュフォーの、「映画と街と人」への愛がうんとあったからだと思います。親友ルネとの、学校サボって映画館や遊技場のシーンは、冒険物語のように楽しそうに見えます。家出して匿ってもらうルネの部屋は、『恐るべき子供たち』(原作:ジャン・コクトー 監督:ジャン=ピエール・メルヴィル)のあの姉弟の部屋のように秘密めいて魅力的です。タイプライターを盗み捕らまる顛末は、まるでヒッチコックのサスペンス映画のようでワクワクしてしまいます。・・・「街」のシーンはとくにたのしく開放感あふれていますがその一方、「学校」と「家庭」は息苦しく、アントワーヌの心情を表わすレオーの演技がしばしば見る者の胸を突くのは確かです。アントワーヌ少年の「目に映った」教師たちは、頑固者で融通が利かず口うるさく・・・でも、戯画的な描写はユーモラスでもありますし。義父はジョークも「寒い」俗物に、(美脚の)母は冷たく身持ちも悪くイジワルに・・・でもアイロニーの込められたそこには、「街」を駆け抜けたアントワーヌとルネの「たのしさ」を帳消しにしてしまう「よぶんな湿度」は感じられないと思います。娼婦と一緒の護送車でアントワーヌの目に光る涙は胸に沁みますが、でも、辛いことを映し出しならがも、なにかを(短絡的に)裁いたりしていないところが「いいな」と思うのです。♪ジャン・コンスタンタンの哀愁をおびた音楽をバックに、エッフェル塔を遠くに仰ぎ見てパリの街をグルグルと映し出すオープニング映像から・・・海岸を駆け抜けるレオーのアップの表情を、鑑賞者の心の奥深くに焼き付けてしめくくるストップ・モーションのラスト・カットまで・・・アンリ・ドカのカメラがすべてをみずみずしくとらえています。( 追記:劇中、アントワーヌが両親と映画館で観るのは、ジャック・リヴェットの初長編『パリはわれらのもの』です。)【あこがれ】(1957年、白黒、17分の短編)トリュフォーの最初の作品は、短編『ある訪問』(1954年、撮影はジャック・リヴェット)ですが、トリュフォー自身はこれを習作とし公にはしていませんので、その三年後1957年に制作された短編『あこがれ』(「ベルナデット・ラフォン」主演)が、本格処女作となるということです。舞台は南仏の田舎町。降り注ぐ木漏れ日のなか、自転車で走るベルナデットの笑顔がはじけ、スカートが風にひるがえる、とても美しいオープニング。溌剌とした健康美あふれる、「べルナデット・ラフォン」は当時17歳。夫であった「ジェラール・ブラン」(恋人役)とともに出演しています。少年たちはベルナデットに興味をもち、何かといたずらをしかけます。やがて季節は夏から秋へと移り、深い意味もなく書いた落書きが、彼らに苦い後悔の味を教えるラストシーンが待っています。好奇心いっぱいな少年達の性の目覚めも!小品ながら原作小説の映画化というドラマ仕立て。後の『トリュフォーの思春期』をほうふつとさせる少年たちの自然な演技。コマ落とし、逆回転といった遊び。劇中映画館で上映されるのはジャック・リヴェットの『王手飛車取り』!、などなど、楽しさが随所に見られるトリュフォーの原点となる作品です。★ ひとつ前のレビューは『さよならまた明日』⇨  さよなら、また明日 Blu-ray
この映画は学生の頃にフィルムセンターで観たが、その時はヌーベルバーグが何なのか、その概念も解らず只管スクリーンを凝視していた。あれから30年以上経過している。多少の不安はあったが主人公が遊戯施設で旋回する辺りから鮮やかに記憶が甦った。観終わっても何ら古さを感じない。それは観る側の感性に訴えるからであり、プロットでストーリーを追うような映画ではないのだ。弱冠27歳のトリュフォーが自分の感性を信じ、その感覚を優先して撮った映画である。ロケを中心としたリアルな子供目線で捉えた映像が瑞々しい感覚で映し撮られた日常風景に違和感なく溶け込む。それは後半になると疎外された孤独な心象風景のように映る。それまでの流れで次第に少年に感情移入する事でそのように見えてくるのだ。そんな心理的効果をもたらす演出であり単なる閃きや思いつきではない。少年は不仲な両親から愛されてないのを自覚している。悪戯や失敗を繰り返すのは、かまってほしいが故の愛情を渇望する事への裏返しなのだ。だが両親はそんな彼を理解しようとせず厄介払いする。その理由は更生施設を巡る段階で判明する。この母親は主人公の妊娠を望んではいなかったのだ。堕ろす事まで考えていた上辺だけの母親で愛情など無い。少年院を訪れた際も養育を放棄し冷酷に突き放す。最後の最後まで母親に裏切られる心境を察するに余りある。社会から疎んじられ親からは見放され、失意のうちに自殺してもおかしくない。縋るものが無くなり人間不信となった以上、頼れるのは自分だけである。この厭世感から逃れるべく脱走を図るのは当然の帰結。トリュフォーは柔軟な姿勢で俳優の自然な反応を引き出す事に専念し最良の場面を抽出した。それがラストである。彼は直走る。だが眼前に現れた海という演技を超越した存在に対応できず、困惑した彼は振り向いて監督の指示を仰いだのだ。監督もこの後戻りできない状況を理解した上で一定の方向性を与えたが現実が演出を上回る事態が思惑以上の効果となって、ストップモーションのラストカットとして見事に繋がった。観る側もその現実の厳しさや逃れられない運命を感じ取り、予定調和を潔しとしないヌーベルバーグの真骨頂のような結末に衝撃を受ける。【雑感】即興演出を前提としながらも不確定要素が整合性を保って奇跡的に収まった稀有な映画である。音楽も主人公の心情に寄り添うように響き極めて印象深い。公開されて55年経過するが未だ色褪せない。才気煥発だった27歳のトリュフォーだからこそ撮れた映画だろう。
荒らしだと思うコメントがあっても反応しないでください。巻き添えで書き込み規制がされる場合があります。
けもちゃん雑談所38 -なにか一言書き込みたいときなど- BBS総合記事 けも3雑2 けもちゃんWiki